魅力的なオールオン4について

総入れ歯や歯を多く失った方がよく受けておられる施術にインプラントがあります。
そのインプラントの施術の中で注目を集めているのがオールオン4という手術です。
これは4本のインプラント体を骨に埋め入れる施術であり、顎への負担を大きく減らすことに成功しています。
手術においては固定式の仮歯を入れる仕組みになっており、すぐに噛めるというメリットもあります。
審美的に自然であることも大きな特徴です。
6本を埋め入れるオールオン6という施術もあります。

多くの歯を失った方や総入れ歯に関してはこれまでの場合、10本以上の歯を埋め込むケースも少なくありませんでした。
しかし、10本以上ものインプラントを埋め入れるとなると手術時間は非常に長くなります。
高齢の患者さんにとってはこれが大きな負担となっていました。
加えて術後の腫れ、費用など看過できないデメリットも含まれていた施術でもあります。
そこで生み出されたのがこのオールオン4という手術です。
特殊な技術を用いて埋め込むことで4本のインプラントで生活に必要な12本の歯を支えられるようになりました。
このおかげでこれまでならインプラントを断念せざるを得なかった方も施術を受けられるようになっていて、オールオン4 やオールオン6がいかに画期的な仕組みにあるかが分かります。

オールオン4は多くの方にとって有効な治療であり、行うための条件もひじょうに緩くなっています。
例えば骨の薄い方の場合、埋め込みの際の負担が大きいことからインプラントを断念するケースが多かったです。
しかし、オールオン4の場合は薄い骨を移植することなく治療を行うことができます。
術後も食事や会話が行えるので負担は非常に少ないと言えます。

オールオン4の施術は基本的に3段階に分かれています。
通院が3回で済むということなのでこの点も費用のやすさに繋がっています。
実際に手術を行うのは2回目の通院の時であり、1回目にレントゲンなどを撮ります。
3回目の通院の際には最終的な施術を行いますが、基本的にはその頃には通常と大差ないような状態になっています。
硬いものを噛んだりすることも難しくなく、話しやすいという印象を持つ方がほとんどです。

オールオン4を受けられるかどうかの条件はほとんどないので誰でも気軽に歯医者さんに相談してみることをお勧めします。
ただし、歯に関して不安要素がある場合はそのことも伝えておくことが重要となります。