歯肉炎かな?歯周病になる前に即歯医者

最近なんだか歯茎が赤く腫れるような気がする、歯磨きでブラッシングをすると出血があるという人はいないでしょうか。
それは歯周病の初期症状、歯肉炎かもしれません。

歯肉炎とは歯周病になる一歩手前の段階の状態のことです。
歯茎に炎症が起きているが、まだ骨には影響していない段階を指しています。
歯肉炎を引き起こす原因は、プラーク(歯垢)の中に潜んでいる細菌です。
歯磨きが十分でないと、歯と歯茎の間には歯周ポケットという溝ができてしまい、その部分にプラークが溜まっていってしまいます。
このプラークの中の原因菌によって歯茎に炎症が引き起こされ、歯茎が腫れる、出血するといった症状が発生するのです。

日本では、大人の約半分は歯肉炎になっているといわれます。
しかし、歯肉炎の段階では痛みがないため、初期症状に気がつかなかったり、気付いても放置している場合が多いようです。
けれども歯肉炎をそのままにしておくと、段々と症状が悪くなってしまい、次の段階である歯周炎に進行してしまうおそれがあります。

歯周炎が進行していくと、段々と腫れがひどくなっていき、歯周ポケットがしだいに深くなっていきます。
歯茎から膿が出て、それに伴って口臭も病的に酷くなることが多いです。
さらに、歯を支えている骨の部分が少しずつ溶かされはじめていきます。
それによって歯がぐらついていき、固いものを噛む時に痛みを覚えることも出てきます。
重度の歯周炎は歯槽膿漏といわれ、その段階になると大きく歯がぐらついて、ついには歯が抜けてしまいます。
日本人が歯を失う原因の1番大きなものが、進行した歯周炎です。

したがって、歯肉炎の症状があらわれた場合は、放置することなくすぐに歯医者に行き、適切なケアをすることが大事です。
適切にケアすることで、歯肉炎が歯周病へと進行することを防ぐことができます。

歯肉炎に対して、歯医者ではまずプラークコントロールが行われます。
歯に付着したプラークや歯周ポケットに溜まったプラークを除去し、口腔内をメンテナンスします。
プラークを落とした後、正しいブラッシングやマッサージの指導が行われ、再び口内環境が悪化しないように毎日のケアについての知識が与えられます。
また、毎日ブラッシングをしていても落としきれないプラークも生じてしまうので、その後は定期的に歯科医でプラークを落とすケアを行います。
それによって歯肉炎の進行を止め、歯肉炎が歯周炎へと進行してしまう事態を防ぐことができます。