キレイになりたい!審美歯科へ!

虫歯治療を行うときは一般的な歯科クリニックで十分ですが、歯並びなど美しさを求めたいときには審美歯科に通うことをおすすめします。
虫歯がない健康な歯を保つことは当然ですが、最近では真っ白で歯並びの美しいことが求められることが増えています。
すでに海外では社会人のマナーとして歯並びと美しい色の歯を持つことは当然だとされています。
笑顔の時に口から美しい歯がのぞけば、とても魅力的に見せることができますし、自信を持てるようになります。

ただ毎日食事をしたり、タバコやカフェインを摂取すると少しずつ歯にステインがついて黄ばんでしまいます。
ステインはブラッシングだけでは取り除くことが難しく、一度付着してしまうとさらにその上から色が沈着してしまいます。
そして加齢などが原因で、歯茎が落ち込んでしまい歯並びが悪くなってしまうことがあります。
そんなときは審美歯科に通うことで、歯の色や歯並びの悩みを改善することが可能です。

すでに芸能人など容姿を重要視する人達からは、審美歯科に通って歯のケアを受けることは美容院やネイルケアをすることと同じだと考えられています。
審美歯科ではホワイトニングという施術を受けることができ、ステインが付着した黄ばんでしまった歯を真っ白にすることができます。
ホワイトニングは汚れを落として歯本来の色に近づけるものですが、その他にラミネートべニアという方法もあります。
ラミネートべニアはセラミック素材を用いた薄いネイルチップのようなもので歯の表面に接着します。

歯が黄ばんでいたり、歯の隙間が広がっているときに、ラミネートべニアを使用することで審美的回復を行うことができます。
セラミックは歯本来の色と似ていて、とても強固で丈夫である特徴があるので、歯の表面に接着するだけで自然な仕上がりになります。
ラミネートベニアは歯の表面を0.5?ほど削るだけなので治療回数も少なく施術の時の痛みも少ないことから人気がある治療方法です。
セラミックは摩耗しにくく変色が少ないのも魅力的な要素だといえます。

歯の形そのものを改善することができますし、歯の変色、すきっ歯などの悩みも改善できるので魅力的な治療方法だといえます。
歯にコンプレックスを抱いているため、大きく口をあけて笑えなかったり人前で話すのが苦手だという人は少なくありません。
しかし審美歯科であれば、コンプレックスを根本から改善してくれる治療方法が沢山あるので、まずは相談に行くことをおすすめします。