インビザラインが歯列矯正に革命を起こした

歯並びは審美性に影響を与えるのはもちろんのこと、噛み合わせが悪ければ食事をよく噛んで美味しく頂けなくなったり、身体のバランスに影響を与えて肩こりや頭痛の原因となってしまうケースもあります。
これまでの歯列矯正は金属製のワイヤーを歯に装着する方式で、これまで数多くの実績のある方法ではあるものの周りの目が気になる事から一歩踏み出す事を躊躇し、歯列矯正そのものを諦めてしまう患者さんも少なくありませんでした。

金属製のワイヤー周辺は歯ブラシが届き難く、磨き残しが発生すればその箇所が虫歯になりやすいというリスクもあります。
また、普段の生活の中でワイヤーが変形してしまったり、定期的に正常に矯正が行われているのかを確認し場合によっては角度の調整を行う必要もあります。
定期的なメンテナンスのために通院しなければならず治療期間も費用も患者さんの負担となっていました。

しかし、ここに来てインビザラインの登場により歯列矯正を取り巻く事情は大きな変化を見せています。
インビザラインとはコンピューターを用いて歯列の解析を行い、そのデータをメーカーに送付すればデータを元にモデリングが行われて制作されたマウスピースが返送されるというシステムです。

インビザラインで使用するマウスピースは透明な素材で作られており、装着時は見た目にも自然で余程近距離で凝視しなければ気づかない程度なので周りの目を気にする必要もありません。
コンピューター解析による独自の製法で作られているため、一度作成すれば矯正が完了するまで原則として調整や作り直しの必要もありません。

また、金属製のワイヤーを使用する手法と違い簡単に取り外しが可能なので、食事の際に一時的に取り外して美味しく頂けるのはもちろんのこと、全ての歯のブラッシングもしっかり行えるので清潔な口内環境を保つ事ができます。
治療期間も短く、対象となる本数が少なければ早くて数ヶ月程度で治療を完了できるケースもあります。

昨今では歯列矯正を実施したと思われる芸能人の方が増えており、多くの患者さんにとって憧れの的です。
かつての芸能人は常に多くのスタッフや観客だけではなく、カメラにも囲まれている毎日を送っている中で忙しいスケジュールの合間を縫って金属製のワイヤーを用いた歯列矯正を実施するのは困難を極めました。
比較的短期間で自然な形で歯列矯正を実現している背景にはインビザラインの普及が大きく寄与していると考えられます。
そんな芸能人の成功例を見て自身が歯列矯正に踏み出す一歩としてインビザラインを選択する患者さんが急増しています。